藤沢周辺で注文住宅建築におすすめな工務店・ハウスメーカーを厳選してご紹介

土地購入から注文住宅までの一連の流れを徹底解説!

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/13

注文住宅を建てるのは一生で一回だけというケースが多く、過去の経験を活かして手続きを進められる人はあまりいません。

どんな流れで進めていったら良いのかという悩みを解決するための基本的なノウハウを紹介していきます。

 

まずはどんな業者が関わるのかを理解しておこう

注文住宅を建てるときには全体の流れを把握したうえで、個々のステップでどんな点に注意したら良いのかをよく理解しておくと役に立ちます。その概要を理解するためにはまず全体像を確認し、個々のステップに立ち返って何に気を付けるべきかを考えるのが合理的です。

注文住宅を建てるためには通常は三つの業者とのやり取りが必要です。大抵のケースで重要になるのが金融機関で、住宅ローンを借りるところと相談していかなければなりません。事前準備としてどのくらい借りられるのかを確認し、注文住宅の見積もりが整ったら本当にいくら貸してもらえるか、審査を通じて決定してもらう必要が生じます。自己資金で住宅を建築できるというケースでは必要ありませんが、数千万円のお金を確保しなければならないと考えると、一般的には金融機関で住宅ローンを申し込まなければなりません。

住宅を建てるには土地が必要になるのは明らかでしょう。住宅を建てるための土地を獲得するには不動産業者とのやり取りが必要で、一般的には仲介を依頼して物件を紹介してもらうことになります。不動産業者は個人向けに土地の仲介をしているところを選んで相談するのが基本で、紹介されたものの中から立地や面積などを勘案して納得できるものを選び、売買契約を締結するという流れで手に入れることが可能です。ただし、既に相続などで手に入れた土地があるという場合には不動産業者とのやり取りは必要ありません。

もう一つの業者は誰もが想定できるもので、住宅の設計や建築をおこなっている住宅業者です。建売住宅を数多く手がけているハウスメーカーや、地元でニーズに合った施工をしている工務店、さらには個人事業を立ち上げて単独で住宅を建てているようないわゆる大工が候補になります。それぞれが異なったコンセプトを持っているので、自分がどんな注文住宅を建てたいかに応じて選定することが肝心です。また、建築費用がどのくらいになるか、費用に関する交渉がどのくらい受け入れてもらえるかも業者によって異なります。予算がどのくらいかに応じて選ぶという考え方も重要になります。

全体の流れを詳しく理解しておこう

注文住宅を建てるときの流れは大まかには次のようになります。自己資金がどのくらいあるかを確認し、生活に負担がない範囲で供出できる金額を確定するのが最初の段階です。そのうえで金融機関に相談して住宅ローンをどのくらい借りられるかを見極めるための仮審査を受けます。仮審査では職業や勤続年数、現在の年収や借入の状況などに応じて上限額を見積もってもらうことが可能です。大まかには会社員の人で借入が一切ないなら年収の三倍くらいまで借りられますが、借入が多いときや定職についてないときなどには住宅ローンを借りられないということもあるので注意しなければなりません。ただ、審査を通れるかどうかは金融機関によって異なるため、たとえ審査結果が思わしくなかったとしても他の金融機関に相談してみるといくばくかのお金は貸してくれる可能性があります。

この結果を受けて、どのくらいまでなら注文住宅に費用をかけられるかを決めるのが次の段階です。住宅ローンのシミュレーションをおこなって、毎月の返済金額がどのくらいになるかを確認しましょう。そして、毎月負担しても生活に支障がないローン計画を立て、その際の借入額と自己資金を上限として土地や住宅業者を選ぶという方針を決めます。これと並行しておこなう必要があるのがどんな住宅を建てるかを決めることです。住む予定の家族全員の意見を聞いて、新しい住宅で何をしていきたいか、どのような要素が満たされていれば満足できるかを協議しましょう。部屋の広さがどのくらいあれば良いか、家事をするときにどんな設備が整っていれば良いかなど、議論しなければならない項目はたくさんあります。この段階では一人一人の意見を聞いてリストアップしていくだけで問題はありません。

次のステップは土地と住宅に関する相談を進めていくことです。土地をあらかじめ持っているというときには住宅業者と相談をしていくだけで問題はありません。土地を持っていないときには不動産業者とのやり取りをしつつ、住宅業者とも打ち合わせをするのが賢明です。土地が決まらなければ住宅の設計は完了できないのは確かですが、どんな住宅にするかがある程度は明確にならないと土地の広さがどのくらいあれば十分かもわかりません。そのため、まずは住宅業者に相談して大まかな設計図を作り、土地を探してすり合わせをしていくという流れが最適です。住宅業者に相談するときには予算と要望をしっかりと伝えるのが肝心です。基本的にはその予算を超えることはできないとはっきりと伝えておくと、将来的に予算オーバーになるような提案を受けたときに交渉しやすくなります。また、協議の結果として出てきた要望は取捨選択せずに全て伝えておくのが重要です。打ち合わせを進めていくと諦めなければならないものが出てきてしまう場合がほとんどですが、業者の方もいかにして多くの要望を満たせる住宅にするかを考えてくれます。より良い住宅にするうえで欠かせない観点と言えるでしょう。

この打ち合わせに基づいて典型的にはどのような土地があれば良いかを明確にしたら不動産業者に物件を紹介してもらいに行きます。面積は広ければ良いわけではなく、広いほど費用がかかってしまうという認識も持っておきましょう。また、立地が満足できるものかも十分に考慮し、場所も面積も必要十分な物件を選び出そうと考えて不動産業者とのやり取りをするのが賢明です。候補となる土地が見つかったら住宅業者と再度相談し、設計図を作ってもらって見積もりを取ります。その金額と土地の購入費用を加算して予算内に収まるのかを確認しましょう。予算が大丈夫で立地や住宅の仕様も満足できるとなったら、土地の売買契約を進めていき、住宅の建築についても契約をして施工をしてもらうという流れになります。

どのくらいの期間がかかるかも把握しておこう

注文住宅を依頼するときには全体でかかる期間を把握しておくことも大切です。特に住宅業者とのやり取りには時間がかかることが多く、設計を決めるまでには一ヶ月から三ヶ月程度を見越しておいたほうが良いでしょう。土地の手配については条件を満たす物件があれば数週間で十分です。しかし、立地と面積を考えて候補にできる土地がないという場合には住宅を建てる地域を再検討するか、妥協する点をどこにするかを考えなければならず、何か月も時間がかかってしまうこともあります。いつまでに新居生活を始めたいかが決まっているときには、逆算していつまでに何を終えておくべきかを考えることが肝心です。

注文住宅を建てるときには金融機関に相談してどのくらいの住宅ローンを組めるかを調べて予算を確定したうえで、不動産業者と住宅業者との相談を進めていくのが基本的な流れです。土地の選択と住宅の設計は同時並行でおこなうのが合理的で、予算が決まったら両方とコンタクトを取り始めるとスムーズに手続きを進められます。どのくらいの期間で建てられるのかも把握しておき、計画的に注文住宅の発注を進められるようにしておくことも忘れないようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
藤沢の注文住宅会社ランキング!
第4位 一条工務店
一条工務店の画像
注文住宅コラム